本文へスキップ

TEL.0561-85-5222

〒489-8555 愛知県瀬戸市南山口町539-3
 愛知県赤十字血液センター4階

提供したい   


さい帯血採取病院




ご提供にあたって

さい帯血の採取には、厳密な基準があります。
そのためにはスタッフの訓練と採取施設(産科病院)との契約が必要です。
さい帯血は、移植治療に使用するまで凍結保存をしなければなりません。
また、移植を受ける患者さんの安全を確保するため、処理と保存には、無菌管理が必要です。

このため、出産によるさい帯血の採取はどこでも可能ではなく、精度管理を行うために産科病院とは契約になっています。

ご提供いただける際のお願い

以下の4つの事項にご協力下さい。

1.同意書にご署名いただくこと。

2.問診にお答えいただくこと。

3.出産後6ヶ月以降に、赤ちゃんの健康に関する調査票にお答えいただく こと。

4.移植時に血液を介して移る病気を防ぐため、出産時にお母さんの血液を
  10ml前後採血させていただくこと。

ご提供から保存・公開まで

1・はじまりは妊娠
赤ちゃんが産まれることになり、受診することになった産科施設は、さい帯血バンクの採取可能施設でした。
2・さい帯血提供の同意書
さい帯血バンクの趣旨をよく理解したので、さい帯血提供に協力することにしました。
同意書にサインして、後は、健康なお産をするばかりです。

3・出産とさい帯血採取および血液検査
元気に赤ちゃんが産まれました。母子ともに健康です。すぐにさい帯血も採取されて、十分な量がとれたようです。

4・さい帯血の分離と保存
採取されたさい帯血は、保存施設に運び細胞数を計測し、各検査と細胞処理が行われ、−196度の液体窒素の中で保存されます。

5・退院
出産後、感染症などの検査のために、退院前にお母さんの血液が採血されて検査が行われます。

6・6ヶ月以降のアンケート
出産からおよそ6ヶ月以降、赤ちゃんの健康状態をおたずねするアンケートが送られて来たので、記入してさい帯血バンクに返送しました。

7・さい帯血公開



東海臍帯血バンク

〒489-8555
愛知県瀬戸市南山口町539-3
愛知県赤十字血液センター4階
TEL・FAX 0561-85-5222